現行デミオのボディカラーや質感が最高すぎた感想レビュー

車を持つにあたって軽自動車では物足りないし、5人は乗りたいという意向から、コンパクトカーの購入を検討しました。最終的に候補として残ったのがデミオだったのですが、その決め手は車内の質感が非常にグレードが高いと感じたことです。

各自動車メーカーのホームページを渡り歩いて、いろいろなコンパクトカーを探していたのですが、コンパクトカーでありながら、ゆったり座れそうなシートと、そのシートの色がなんといっても注意を引きました。これまで一度も見たことがなかった、赤だったのです。さらに、この赤が非常に深みのある赤で、軽い印象を与えないところが大いに気に入りました。シートが赤というのがそもそも珍しいという理由もあったのですが、その色が深みを帯びていて、とても洗練された印象に、ハートをぐっとつかまれた感じです。

内装は黒を基調に、ところどころに白を用いてインパクトを与えています。また、赤い色合いが上質な車内を演出してくれているシートの生地は、よく見ると千鳥格子になっています。最適な柄を求めた結果、デミオが出した答えということですが、見る角度によって微妙に表情を変えるところにこだわりを感じます。さらに、たいていの人が車内を覗いたり、ドアを開けたときに、赤いシートにびっくりしますので、その反応を見るのも楽しみです。

この赤いシートをより際立たせるために、ボディカラーも深い赤のディープクリムゾンマイカを選ぼうかと思ったのですが、それでは赤いシートのインパクトが逆に弱まってしまうかもしれないと思い、専用色のセラミックメタリックを選びました。見た目の印象がとてもクールなので、ドアを開けた時の赤いシートとのギャップが際立ち、何度乗ってもウキウキします。そのせいか、これまで車に家族以外を乗せることは滅多になかったのが、友人や知り合いを乗せたくなるようになりました。それもこれも、このデミオの車内の質感に大いに満足しているからだと思っています!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする